代謝の仕組み

体を動かしたり内蔵が働く時にエネルギーを消費する生命活動そのもののこと、それを代謝といいます。代謝の作用は、汗をいたり、髪が生え替わったり、また肌が再生したり、脂肪を燃やしたりと、すべてを行い、これはまた新陳代謝ともいいます。

人が寝ている間で、も代謝はちゃんと行われています。代謝の中で、呼吸や体温調節といった生命を維持するために必要な代謝が基礎代謝です。基礎代謝は消費エネルギーの実に70%を占めていて、そのピークは男性は16歳、女性が14歳ということです。基礎代謝は遺伝によってその仕方が左右されるといわれますが、運動をすることなどで筋肉量を増やし、代謝を高めることはできるのです。

代謝が高い人ほど摂取したエネルギーを消費しやすく、脂肪が燃焼しやすく太りにくい体質の持ち主といえます。逆に代謝が低ければ脂肪が蓄積しやすく、したがって体重が増加しやすい体質ということになります。健康な人の場合、一般的に筋肉量が少なければ、それだけ基礎代謝が低くなるのです。

脂肪を減らそうとするあまり、偏った無理なdietをすると代謝が下がることになり、逆に脂肪を貯め込みやすい体質になってしまう場合もあります。体温が低い、手足が冷える、肩こりや腰痛がある、また血圧が低い、少し食べただけですぐ脂肪が増えるなどの傾向がある場合は、代謝が低いことが原因でしょう。特に内臓のまわりに脂肪がつきやすい、内蔵脂肪型肥満タイプの人は、生活習慣病にもかかりやすい体質なので気をつけなければなりません。
ファーストクラッシュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です